【東山区】縁結びに美貌の神、乙女の願いを叶えてくれる祇園のパワースポット「八坂神社」

八坂神社

地元では「祇園さん」と呼ばれ、親しまれている京都の「八坂神社」。祇園祭でも有名な格式高い神社です。京都のメインストリートのひとつ、四条通りの東の端にあります。祇園散策の途中、朱塗りの美しい門に魅かれて境内に入ってみました。

朱塗りの門

門をバックに写真を撮っている観光客がたくさんいました。京都を訪ねたのは5年ぶりくらいですが、着物姿の観光客が多いことにびっくり!

ちょうど学生さんの春休み時期。お友達とレンタル着物で街歩きが流行っているみたいですね。カラフルな着物がとっても華やかでした。

屋台でにぎわう参道を通って、まず見えてきたのは縁結びの神様。

縁結びの神様

いなばの白うさぎのお話しでも有名な“大国主命”という神様が祀られているそうです。参拝する人も女子率高いな~と思っていたら、八坂神社は縁結びのパワースポットとして人気だそうです。せっかくなのでしっかり良縁をお願いしてきました。

“恋みくじ”も発見。カップルやお友達同士でとっても盛り上がっていました。

恋みくじ

ハート形のかわいい絵馬もあって、乙女の恋の願いがたくさん並んでいます。

絵馬

朱塗りが美しい、本殿にもお参りを。

本殿

この本殿の下には龍穴とよばれる深い井戸があって、青龍が守っているという伝説があるそうです。古都京都ならではで信じてしまいたくなる伝説です。

本殿前の舞殿では結婚式が行われるらしく、イスなどのセッティングがされていました。この神社で式を挙げたら、きっと末長く幸せでいられそうです。

境内

境内を散策していると、いくつか気になるスポットを発見しました。こちらは、“御神水”。清らかなわき水と苔むした感じがなんとも素敵です。

御神水

御神水の並びには、“美御前社”があります。美しい女神として知られる宗像三女神が祀られ、芸能・美貌の神として信仰されているそうです。祇園の舞妓さんや芸妓さん、化粧品業界の人たちも訪れるんだとか。

美御前社

お社の前には、“美容水”なるものも発見。湧き出す神水を、2~3滴手にとって肌につければ、身もココロも美しくなると書かれています。やってみるしかありません。乙女たちが真剣に祈願している神社のなかでも人気のスポットでした。

こちらの“忠盛燈籠”は、平忠盛にゆかりのある燈籠だそうです。さすが京都、どこにいっても歴史上の有名人にゆかりがあることに驚かされます。

燈籠

京都の街歩きは見たいところはキリがないほどたくさんありますが、縁結びに美貌の神様、乙女の願いを叶えてくれる八坂神社もおすすめのスポットでした。

塀

夕方、また寄ってみると、提灯がともされて幻想的な雰囲気に。時間を変えて訪ねてみるのもおもしろいかもしれません。

夜の提灯

旅データ

関連記事

return top