【東山区】お寺だけどまるで美術館!京都最古の禅寺「建仁寺」で絵画を見学しよう

建仁寺

1202年に創建された建仁寺。京都最古の禅寺であるこのお寺は祇園からも近くアクセス面も抜群。さらに社会の教科書で見たことがある有名な絵画もあるので美術館に行くような気分でやってきました。

「風神雷神画」をはじめ、建物内には数々の絵画が展示されていますが、これらのほどんどが高精細な複製作品なのです。ちょっぴり残念ではありますが、一方で嬉しいことに写真撮影が可能した。(複製だからでしょうか??)

本物は京都国立博物館に保管されています。絵の質感なども感じたい時はぜひそちらも併せて赴きたいですね。

建物内には俵谷宗達が書いた風神雷神図が2枚ほど展示してありました。

風神雷神図

荘厳な雰囲気はコピーとは思えないくらい発色がきれいです。こちらは庭からも風神雷神図が眺められます。カメラ技術があるわけではないですが、カッコいい写真が撮れた!と自画自賛したい一枚。

庭からの風神雷神図

襖絵も見ものです。海北友松が描いた「建仁寺方丈障壁画」雲竜図は、風神雷神画同様、京都国立博物館に保管されておりレプリカです。墨絵のタッチも美しく、迫力があります。

建仁寺方丈障壁画

そして同じ海北友松の「竹林七賢図」。うって変わって漫画のような雰囲気ですね。

竹林七賢図

庭園も美しいです。庭園を臨む廊下には、うとうとしている方もおられました。

庭園

ここはそれほど観光客の数が多いわけではありません。ゆっくり時間をかけて楽しむのもいいですが、『ここで寝ないでください』という注意書きもありました。

中庭にある潮音庭は枯山水の庭です。緑が映えています。秋には紅葉も楽しめるようです。

潮音庭

最後に小泉淳作の「双龍図」は創建800年を記念して2002年に完成した作品。畳108畳分の壮大な水墨画は建物の天井に設置されております。

双龍図

非常に見どころ満載で穴場だなあと感じました。ゆっくり雰囲気を味わいたいときにおすすめのお寺です。

旅データ

関連記事

return top