【伏見区】「きたせ昆布老舗」のだしカフェで10食限定のお茶漬定食をいただく

お茶漬定食

伏見区中書島の老舗昆布店「きたせ昆布老舗」が展開する、おこぶ・おだし・おばんざいの店「おこぶ北淸(きたせ)」で、限定のランチをいただきました。

入口

ランチタイムは、昆布や昆布だしを使ったお茶漬けを提供する「だしカフェ」。ディナータイムはだしを使ったおばんざいや、地元伏見のお酒などを提供する「だしバー」として営業しているのだそうです。

だしカフェ、初めて聞きました。

看板

いざ、店内へ。

店主の北澤さんはデザインのお仕事もされていたそうで、レトロとモダンが融合した、とてもとてもおしゃれな店内です。カウンター席が数席と、奥の小上がり。ここでお酒を飲めたらきっといい気分になるに違いありません。

小上がり

店内にはゆるくジャズが流れていました。階段にはたくさんの雑誌とCDが置かれています。こちらもおしゃれなんです。

階段

カウンターの向こうで調理をしてくださいました。

カウンタ

いいおだしの香りにつつまれつつ、ランチメニューはこちら。

メニュー

私は出汁茶漬けをお願いしました。10食限定だそうです。お酒も提供してくださるようですが、今日はがまん。

お茶漬定食

そしてこちらがお茶漬け定食です。みょうがと三つ葉をのせて、おにぎりがかぶるくらいお出汁をかけていただきます。鶏肉のおみそもまた、味にアクセントがついておいしいです。

お出汁の味がとにかくしっかりしています。

そしてこのおにぎりを食べ終えるころに、焼きおにぎりが出てきました。こちらもお出汁でいただくのですが、おいしかった!!おにぎりふたつで満腹です。

次はディナータイムにぜひ行ってみたいです。

女性一人でも気軽に入れますので、京都市内でランチにお困りでしたらぜひ、足を伸ばしてみてください。絶対に、後悔しませんよ!!

旅データ

  • アクセス:京阪「中書島駅」から徒歩3分
  • URL:Facebook / Twitter
ミキ

ミキ

お城やお寺が大好きです。荘厳さや豪奢さも好きですが、どこか懐かしいな、という風景により惹かれます。そのくせ特別拝観と聞くとやはりソワソワするので、「特別」は年に数回の贅沢として楽しんでいます。

関連記事

return top